FC2ブログ

システマの痛いマッサージは何がよいのか

生き物の本能として、痛いことは体に悪いと判断してしまいます。

火が近づいた時の反射なんか、そうですよね。

自分に危害を加えるものから、反射的に距離を取らないとだめです。



システマでは体を徹底的にマッサージします。

肩がこっている、腰が痛いとはよく言われますが、ふくらはぎもかなりのもの。

ぱんぱんに張ったふくらはぎをぐーっと踏み込むだけでかなり痛いです。

手技のお店に行ったり、自分でマッサージをするのも悪くないです。

でも、痛いくらい深いところへ効くマッサージは自分ではなかなか難しいです。

体の深いところの緊張は心にもつながっています。

深いところの緊張は、爆弾のようなものだと思ってください。

潜在的に、常に心身にあるのです。

筋力や気力が衰えたときにドカーンと爆発するのが、老化なのではないかと石原は思っています。

生涯動き続けられる体のために!

【エカス】

スポンサーサイト

テーマ : 武道・武術
ジャンル : スポーツ

システマで自由に動ける体になる。

システマ東京の北川さんが最近、ほぼ1minレッスンという動画をアップされています。



「地方で自主練されている方の宿題」ということだったので、やってみました。

やってみましたが、難しい。

https://twitter.com/systema_okayama/status/1106900458650497024?s=20
動画そのものが投稿できないのが残念ですが…。

多分、体がまとまっていないのだと思います…。

まとまっていないから、ゴトンゴトンとぶつかってしまう。

今回は起き上がれていますが、起き上がるときに支えを作ってしまう。

支えを作ると起き上がりやすそうに思えます。

でも、実際はその支えが動きの妨げになって、起き上がれない。

支えのない、まとまって動ける体を目指して…。

ちょっと一人ワークとして頑張ってみようと思います。


テーマ : 武道・武術
ジャンル : スポーツ

システマの練習は怖い?痛い?

言葉がもつ印象は不思議です。

護身術は、女性や子ども、優しいイメージ。

軍隊格闘術は、男性が多くて、練習も厳しく怖いイメージ。

(あくまで石原個人の感想が前提になっています。)

では、軍隊格闘技がベースのシステマは、厳しく怖いものでしょうか。

そんなことはないです!
システマ呼吸ができれば「全然痛くありません!」



とは、言えません。正直なところめっちゃ痛いです。

「えっそんなことできるんですか?」というワークもあります。

しっかり肉体的なトレーニングもします。


でも、練習の最後には、気持ちよく、笑顔で終わります。

ふだん使っていない体を思いっきり使う。

気持ちよくないわけがありません。

また、無理やりワークをさせるということもありません。

体調やけがなどで見学。もちろん、オッケーです。

ぜひ一度、笑っちゃうほど気持ちいい痛みを体験してみてください。

SASUKE

テーマ : 武道・武術
ジャンル : スポーツ

3月の練習予定

2月の練習予定をお知らせせずに申し訳ありませんでした。
3月の練習予定です。

3月は2日、9日、16日に18時から20時までを予定しています。
場所は富山公民館です。


予定ですので、当日Twitterをご確認ください。
また、見学希望の方はご連絡くださると助かります。

テーマ : 武道・武術
ジャンル : スポーツ

1月の練習予定

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
昨年末は個人的な事情でバタバタして申し訳ありませんでした。
今年は、質より量、スピードが熱量を生む、で頑張ります。

赤磐市熊山武道館で1月11日、18日、25日の19時から21時までを予定しています。

岡山市内から車で50分くらいかかります。電車、バスありません。
駐車場はあります。近くにコンビニもあります。



岡山市内は1月5日、12日、19日、26日に18時から20時までを予定しています。
場所は富山公民館です。


これは予定ですので、当日Twitterをご確認ください。
また、見学希望の方はご連絡くださると助かります。

テーマ : 武道・武術
ジャンル : スポーツ

プロフィール

石原

Author:石原
岡山でシステマのトレーニングをしています。
ロシアの武術、システマ。
一緒に体を動かしてみませんか?
見学・体験希望の方はこちらのアドレスまで。
gonesh999@gmail.com
当日の練習予定はTwitterにて連絡しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Twitterタイムライン
QRコード
QR